売主の過失の有無に無関係 

住宅の購入というのは人生においてそう何度も経験することではありません。住宅の購入は非常に値の張る買い物になるわけですから、買主は当然のことながら慎重に物件を選ぶことになります。しかしながら、いくら慎重に物件を選んだとしても、実際にその物件で生活をしなければ気付かない欠陥が隠されていることがあります。
そのため、購入した住宅に欠陥を発見した場合、買主は売主に対して瑕疵担保責任を追及することが認められています。瑕疵担保責任というのは、買主が購入した物品に通常では気付かない欠陥があった場合、その物品を売った側が責任を負うということを指します。瑕疵担保責任を追及するには、買主がその物品に欠陥があるのを知った時点から1年以内であれば、売った側に対して損害賠償を求めなければなりません。なお、買主側が当初から求めている品質などが欠陥によって得られない場合、損害賠償だけではなく売買契約そのものを解除することも可能となっています。
また、瑕疵担保責任は売った側が物品に明らかな欠陥があることを知っていた場合だけではなく、欠陥があることを知らなかった場合にも適用されることになります。つまり、売った側に物品の欠陥があるのを知らなかったという過失があったとしても、買主は損害賠償および売買契約の解除を求めることができるのです。

Comments are closed.