登記の手続き(司法書士に依頼)

住宅を購入した時、その家と土地が自分たちのものであるとする事を、不動産登記と言います。この中には、不動産を購入した時に発生する所有権移転と、建物を建てた時に発生する所有権保存があります。また、金融機関で住宅ローンをしている場合は、抵当権設定が必要となります。その他、不動産の持ち主が変わった場合、名義人表示変更もしなくてはいけません。
このような手続きは、司法書士に依頼して行ってもらうことが一般的です。司法書士は、購入した人に代わり、必要書類の作成から申請代理手続きまで、すべて行ってくれます。
もちろん、費用は必要となります。相場としては報酬額が11万円ぐらい、経費が1万円ぐらいで、あわせて10万円から13万円ぐらいです。しかし、この報酬は司法書士によって違いますし、物件の内容によっても異なってきます。
司法書士は、ハウスメーカーや金融機関などから紹介されることもありますが、自分で好きな司法書士に依頼することも出来ます。ただ、一部金融機関では指定がある場合もありますので、注意が必要です。また、自分で選んだからと言って、安くなるかと言えば難しいです。信用出来るかが大切なので、しっかりと見極めたうえで依頼することが大切になります。

Comments are closed.