宅地建物取引主任者による重要事項の説明

気に入ったマンションや一戸建住宅等の予約手続きをし、住宅ロ-ンの審査も通れば、次に、宅地建物取引主任者による重要事項の説明を受けてから、売買契約となります。この説明は、宅地建物取引業者である不動産会社が、自社の取引主任者に、売主と買主となる}PgžxQ取引当事者に対して契約上重要な事項を説明させるものであり、法律で定められたものです。この説明をさせる趣旨は、売買契約の際に「そんなの聞いていない」とか「そんなの知らなかった」とか「そんなのだったら買わなかった」等の契約に関する紛争を防止することです。即ち、自宅等の購入は「一生の買い物」と言われるように「高額商品」なので、国家資格者から不動産の権利関係・対象不動産に係る法令上の制限・対象不動産の状態等・契約の条件に関する事項を説明させることを法律で義務付けたのです。これらのことから、この説明書の内容はしっかり確認する必要があります。「読んでも、よく分からない」という場合には、必ず、自分で「この言葉自体が分からない」とか「この文章は、何を説明しているか分からない」等を確認して、それをこの説明を受ける際に「ここが分からないので、噛み砕いて説明して欲しい」と伝え、内容を理解する必要があります。

Comments are closed.