危険負担

危険負担とは、双務契約において、一方の債務が債務者の責めに帰すべからざる理由によって債務不能となり消滅した場合に、他方の債務もまた消滅するかという問題をいいます。履行不能によって売主の債務が消滅した場合に、買主の債務もまた消滅することを債務者主義といいます。売主の債務が消滅したにもかかわらず、買主の債務は消滅しないとする考えを債権者主義といいます。民法は536条1項において、債務者主義を原則としているので、目的物の引渡債務が債務者の帰責性なしに消滅した場合には、代金支払債務}PgžxQも消滅することになります。目的物滅失の損害を目的物の引渡債務者側が負担することになります。例外として、特定物に関する物権の設定または移転を目的とする双務契約においては、債権者主義が適用されます。そのため、目的物が契約成立後に滅失した場合でも売主は代金を請求することができます。買主は目的物を入手できないにもかかわらず、代金を支払わなくてはなりません。 債権者主義には、こうした不合理な点があるため適用をなるべく制限する必要がありますが、債権者主義を定める民法534条は任意規定なので、当事者間の特約により債権者主義を排除することができます。

Comments are closed.