瑕疵担保責任とは

瑕疵担保責任とは、売買の目的物に隠れた瑕疵があったときに、損害賠償請求や契約の解除をすることができる制度です。民法570条で定められています。隠れたとは、取引上要求される一般的な注意では発見できないということを意味します。つまり買主には瑕疵について善意、無過失が要求されます。瑕疵とは、目的物に何らかの欠陥があることです。何が欠陥かを判断するには、目的物が通常備えるべき品質、性能だけでなく、契約当}PgžxQ事者がどのような品質、性能を予定しているかも基準となります。瑕疵には、目的物に対する法律上の制限も含みます。そのため、住宅建設用に購入した土地に土地計画事業に関する制限がかかっていて、建物を建てられない場合も土地に瑕疵があるといえます。しかし、建物とその敷地の賃借権が売買された場合に、敷地に賃借人において修繕義務を負担すべき欠陥があったとしても、売買の目的物に瑕疵があるとはいえません。売買の目的物は建物と敷地の利用権なので、敷地そのものの欠陥は目的物の瑕疵ではないからです。
瑕疵担保の責任がある場合、損害賠償と解除を請求できますが、解除は契約をした目的を達成できないときに限り認められます。解除や損害賠償の請求は、買主が瑕疵の存在を知ってから1年以内に行使しなければなりません。

Comments are closed.