売買契約を締結(手付金の支払い)

売買契約を結ぶときには手付金を支払わなければなりませんが、この手付金にはいくつかの意味があります。
その一つが証約手付けです。不動産の売買をするときには多くの段階を経て色々な手続きを行わなければなりません。申込から価格交渉、条件交渉など様々なことを経て契約を結ぶのですが、契約を結ぶことを証するためのものとして手付金の授受があると言えるでしょう。
解約手付けという意味もあります。契約をすれば代金の授受と引き渡しが行われるはずなのですが、何らかの理由で解約をしたいと言ったときには、買い手の理由であれば買い手は手付金を放棄しなければなりません。逆に言えば、手付金を放棄すれば解約できると言うことです。
もう一つは違約手付けです。買い手も売り手も契約を結んでいるわけですから、契約通りに義務を遂行する必要があります。しかし、何らかの理由で買い手が義務を遂行しなかった場合には、手付金を放棄しなければならないのです。例えば、買い手が資金を準備できずに決済日までに代金を支払うことができなかった場合には、手付金は返還される事はありません。
手付金にはこのような意味がありますが、契約通りに売買が進むのであれば、これは考える必要はないと言えるでしょう。

Comments are closed.