不動産売買の注意点

不動産売買では、不動産会社が仲介になり個人間の取引です。そのため、最後の取引である決済が完了するまでは、油断できません。まずは、買う意思と売る意思があることを確認するために、契約をします。そのときに、買い主は、売り主に手付金を支払います。一般的には、物件価格の1割くらいですが、金銭的に余裕がない場合は、10万円の場合もあります。売るのを、買うのをやめたと勝手に言い出さないために、契約を白紙にするためには、売り主は手付金の2倍の支払い、買い主は手付金を放棄しなければいけません。

 

手付金が少額の場合は、手付金を放棄して、解約されかねません。しかし例外がもあり、住宅ローンを利用する場合は、住宅ローンが利用できなかったら白紙解約できるように契約を交わしていることがほとんどです。この白紙解約を利用して、決済日間近になって、解約を申し出される場合があります。その場合は、売り主は手付金を返さなければいけなくなります。金融機関に事前審査をちゃんと出していたか、住宅ローンの審査に本当に落ちたのかどうか証拠の提示をいちおしましょう。ルール違反ではありますが、証拠がないことが多く、ほとんどのケースで手付金を返しています。そのため、決済が完了するまでは、手付金は使用せずに、そのまま取っておくようにした方がよいです。

 
クレジットカード おすすめ